本文へスキップ

備前長船 刀工 上田祐定が、あなたの為に、あなただけの日本刀を製作致します。

〒701-4271 岡山県瀬戸内市長船町長船93

私の作品について

私は自信があります。

【注文打ち】・・・お客様だけの特別な日本刀

【姿】・・・・・・曲線の美しさ

【地鉄】・・・・・鉄自体の美しさ

【刃文】・・・・・焼き入れによって生まれる化学変化の美しさ


●注文打ち

私の日本刀は、すべてが特別注文(注文打ち)となっています。
お客様よりご注文を頂き、お客様の為に日本刀を製作しています。
※古の時代より注文の品では無い日本刀(数打ち)と区別しています。

●姿

得意とするのは、慶長時代に流行した南北朝時代の長い太刀を短く改造した刀の姿です。
切っ先が長く、元幅と先幅がほとんど変わらず、見た目が堂々としているのが特徴です。

●地鉄

ご注文の作品に合わせて砂鉄より自ら鋼を製作し、その鋼を鍛えて出来た地鉄。
30年以上の製鉄の研究と刀工として人生をかけた鍛錬技術を見てください。

●刃文

土と水と炎によって生み出される鋼の化学変化の美しさ。
相州伝と備前伝を組み合わせた沸出来の刃文を得意としています。

職人として

展覧会に出して他の作品と競うのでもなく、己の職人としての技術を誇るのでもなく、掟や古の作法にのみ固執するのでもなく、ただ職人として一生懸命ご注文していただいたお客様の喜ぶ日本刀を造りたいと思っています。


斬れ味

使用されていた時代をお手本に、平成の現在でも武器として折れず曲がらず良く斬れるという日本刀の基本を大切にしています。

銘文

お客様のお名前を1000年先まで遺すお手伝いをいたします。
ご注文いただきましたお客様のお名前等を、日本刀の茎(なかご)へ入れさせて頂きます。

(例)山田太郎さんからの注文
・為山田太郎君・・・注文主の銘を入れる場合に使います。氏は死を連想させるので私は使わず、君を使います。
・山田家重代・・・・代々家系が重なっていくようにと想いを込めて。
・為山田家・・・・・枕刀等に使われることが多いです。 


お守り刀

お子様やお孫様のご誕生で製作するお守り刀。せっかくのお守り刀だからこそ、どのように育って欲しいのか、その想いを日本刀へ込めてはどうでしょうか。
(例)
・女の子なら優しい姿の優雅な作風
・男の子なら堂々とした作風

枕刀

お葬式とは最後の別れの時。お棺の上に魔除けに置く日本刀の事を、枕刀(まくらがたな)と呼びます。
代々家系に伝わっている日本刀を使うことが多く、成人の男性は脇差、女性・子供は短刀を使います。現在では、短刀を男性でも使います。
枕刀は、魔を切る(魔除け)わけですから、模造刀では意味がないと思います。


お客様のお持ちの古鉄から日本刀を造ります

大正以前の古鉄(和釘・格子等)から卸鉄という技法で、日本刀を製作する事が出来ます。
例えば、お寺や寺院、旧家などを壊す時に古い釘などを取っておかれると、それを鋼に加工して、日本刀に打ちかえる事が出来ます。この古い鉄をまとめ、日本刀に適した鋼を造る技法を卸鉄と言います。
建物は無くなってしまいますが、日本刀へ形を変えてその想いは子孫へ残ってくれます。


shop info店舗情報

備前長船
刀工 上田祐定

〒701-4271
岡山県瀬戸内市長船町長船93